国家資格の取り方

国の認める、レベルの高い資格をとりたいと思いますか?
国家資格を取りたいと思う人は、ある程度のステータスを求めているのかもしれません。
国の認める技能や知識をもっているということになると、他の人から高く評価されるだけでなく、良い仕事につくことができます。
就職難の中でも比較的仕事を見つけやすく、場合によっては重宝される人材となることができるでしょう。
では取得を考慮できるどのような国家資格があるでしょうか。
法律系で言えば、行政書士、司法書士、弁護士などがあります。
会計系なら公認会計士や税理士があるでしょう。
これらの資格を持っていれば法廷で活躍出来るだけでなく、企業や会社で重要な役割を果たすことも出来ます。
不動産関係なら、測量士や土地家屋調査士、マンション管理士、不動産鑑定士などがあります。
これらの資格は素人が取るのは難しいかもしれません。
この分野である程度のキャリアが求められるでしょう。
そして今徐々に種類が増えてきているのが、IT系の資格です。
思いつくものだけでも、ITパスポート、システムアーキテクト、システムアドミニストレーター、システム監査技術者、システムアナリスト、プロジェクトマネージャー、ソフトウェア開発技術者、ネットワークスペシャリスト、エンベデッドシステムスペシャリスト、応用情報技術者、情報セキュリティアドミニストレータ、基本情報技術者、アプリケーションエンジニア、テクニカルエンジニア、ITストラテジストなどがあります。
これからもどんどん伸びると思われる分野ですからぜひ積極的に取得しましょう。

Copyright (C)2018身に付けた資格を活かす方法.All rights reserved.